肘の痛み 変形性肘関節症(へんけいせいひじかんせつしょう)


肘の痛み 変形性肘関節症(へんけいせいひじかんせつしょう)

変形性ひじ関節症は常に肘に力がかかる人に多い病気で
肘関節の痛みが出てきます。

スポーツ特に野球などの投げる動作、テニスなどのラケットを
振る動作などや重いモノを運んだりする際に、大きな力が加わります。

kansetsutsuu_hiji.png
変形がひどくなると、肘の内側で尺骨神経の
圧迫による麻痺がおき、

手の力が入りにくくなったり、小指と薬指に
しびれなどが生じたり、口に手が届かないなど
生活に支障をきたすようになります。

変形性肘関節症の痛みの治療に対しては
・まずは三角巾や装具などで固定して安静を保ちます。

・消炎鎮痛剤や関節内に注射をする薬物療法をします。

・電気治療、レーザーなどの理学療法を行います。

・筋力トレーニング、ストレッチなどの運動療法を行います。

痛みや変形が激しく、神経の症状があり、通常の生活
口に手が届かない、トイレの後始末ができないなど生活に
支障をきたす場合は手術を行います。


肘 ひじの痛みをなくす 腱鞘炎 原因 治療法トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52616649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



スポンサードリンク