ひじの痛みの病気 関節リュウマチ


ひじの痛みの病気 関節リュウマチ

ひじの痛みの病気に関節リュウマチがあります。

肘だけでなく体の小さい関節、股関節、膝の関節から
始まり、全身がリュウマチに侵される事もあります。
早めに発見することが大切です。

朝、両手がこわばって握れないなどの症状があり1時間
以上続く場合関節リウマチの可能性があります。

初期の症状は体がだるい、食欲がない、手、指などの
関節がこわばり動かしずらいなどの症状が出ます。

リュウマチは左右対称に関節の痛みが起こります。

20130716110204.png

長期化すると
関節リウマチ
特有の関節変形
がおこり日常生
活に支障を
きたすように
なります。


手指のほかに肘・肩・足・膝などの全身の関節
にも起こることもあります。

血液検査を行うと、わかります。

治療としては「薬物療法」「理学療法」「手術療法」
があります。

手のこわばりなどが感じられたら早めに医師の診察を
受けるようにしてください。


ひじの痛みの病気 関節リュウマチトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54036258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



スポンサードリンク