肘の病気 変形性肘関節症


肘の病気 変形性肘関節症

変形性肘関節症になると、肘の曲げ伸ばしが十分に
できなくなり、それと共に痛みも出てきます。

変形が進むと、肘の内側にある尺骨神経を刺激するため、
手の指がしびれたり、顔に手が届かない、さわった
感じが鈍くなったり、握力が低下したりします。

治療法として、保存療法では、しびれがない時、
日常生活に支障がない時は、消炎鎮痛薬を内服したり、
関節内に注射をする薬物療法をしたり、肘を使わない
ように安静を心がけます。

kansetsutsuu_hiji.png


又、温熱療法・レーザーなどを用いたり、筋力トレーニング
ストレッチなどの理学療法 を行います。

肘の変形が著しく悪い場合は、人工関節に置き換える
手術を行なう場合もあります。



肘 ひじの痛みをなくす 腱鞘炎 原因 治療法トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59380206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



スポンサードリンク