子供のひじの痛み 小児肘内障について


子供のひじの痛み 小児肘内障について


小さい子供の手を急に引っ張ったりすると痛がり
腕をたらしたまま腕を動かさなくなります。

2〜6歳の幼児に多く、男児より、女児が多いようです。

手を急に引っ張ったことにより、前腕の骨の付け根が
靱帯から外れかけることで起きます。

はずれかけた靱帯を正しい位置に戻せばすぐに症状は
消えます。

何度か整復を試みても手を動かさなかったり、痛がって
いるときは、医師の診断を受けてください。

鉄棒、ブランコなどの遊具から落ちて腕を痛がっている
時は骨折などの疑いがありますので、整形外科を
受診してください。


ころんで肘が痛いときは医者に行きましょう







スポンサードリンク