手根管症候群 手のシビレと痛み


手根管症候群 手のシビレと痛み

手根管症候群とは手に痺れと痛みがある症状です。
一時的にしびれることがありますが、その痺れが治らずに
続いている状態です。

手のひらの付け根の部分に手根管[しゅこんかん]という横に広がる
トンネルのような管があります。

この中には、9本の腱と「正中」「せいちゅう]「神経」が通っています。
腱[けん]を覆う膜や、それぞれの腱を連結している「滑膜」が
炎症を起こし、腫れて厚くなり、正中神経が圧迫され、指にしびれが
起こります。この症状が手根管症候群です。

起こりやすい症状としては


・夜間や早朝に痛みが強くなる。

・小指以外にシビレと痛みが起きる。

・手を振ると痛みや痺れがなくなる。

・親指の付け根が痩せる。

女性が起こりやすく、更年期以降の女性、妊娠、出産期におきやすく
ホルモンの影響を受けています。

その他、手首の骨折経験者、手首の使いすぎ、人工透析を受けている方が
かかりやすくなります。

治療法としては


・基本は安静です。

・「痛み止め」を使います。

・「神経障害性とう痛治療薬」を使う

・手首の安静を保つために、2〜3か月間「装具」を
 装着することもあります。



高度の麻痺になるとボタンがかけられない、小銭がつかめない
等の症状で生活に支障きたします。

何をやっても治らない時は、最終的に手術を行います。





スポンサードリンク

手が痛む病気に ヘバーデン結節があります。


手が痛む病気に ヘバーデン結節があります。

指の先端の関節に生じる変形性関節症です。
発症すると、指の先端が太くなって結節(けっせつ)状(しこり)に
変形します。

手指をよく使う仕事をしている人に多いことから指関節の酷使によって
起きる、あるいは遺伝性によって発症しやすい体質があるとも考えられ
ています。

手指が変形する関節リウマチとは別のもので、血液検査のリウマチ反応に
よって診断がつきます。


症状

指の先端が太くなり、結節状に腫れます。変形部に水ぶくれのような嚢腫
(のうしゅ)ができる場合もあります。手がこわばる、十分に握れないと
いった症状が現れます。
変形が進行しているあいだは痛みがでますが、変形が止まり関節が固まると
痛みも止まります。

tenoitami.png


原因

手指の使いすぎが発症の原因と考えられていますが、遺伝的な要素も関係
しているといわれています。

治療

変形が進行中で痛みがあるときは、手指の安静・固定とともに鎮痛消炎剤を
内服します。痛みが強い場合には、神経ブロック、関節内注射なども有効です。
よほど痛みが強かったり、変形がひどい場合には、関節を固定する手術が
必要なこともあります。
(プラスウェルネスより転載させていただきました。)


肘 ひじの痛みをなくす 腱鞘炎 原因 治療法トップへ






スポンサードリンク

スマートフォンの使い過ぎ 腱鞘炎に注意


スマートフォンの使い過ぎ 腱鞘炎に注意

パソコン操作で腱鞘炎になりやすいのは知っていると思いますが
スマホやタブレットでも腱鞘炎の症状はおきます。

町を歩くと、どの場面でもスマホを使っている方は多いです。
駅のホームで反対のホームを見ると半分以上の方が下を向いて
スマホを使っています。
ずいぶん普及したものだと感心してしまいます。


camera_keitai.png

手を広げた時、親指の付け根、手首などに痛みを感じませんか?
SNSなどに加入している方は更新頻度が高く、指や手首を多く使う
ので腱鞘炎になりやすいです。

片手で握っているので、長時間使用は手のひらと指に負担がかかります。
手だけでなく、肘や、手首にも負担がかかり痛みが出てきます。

タップする時に、うまく出来ないとか痛みを感じるのは、腱鞘炎の
可能性もあります。使いすぎに注意が必要です。

あまりにも手に違和感や痛みを感じるときは整形外科を受診して
早めの対策をとってください。



肘 ひじの痛みをなくす 腱鞘炎 原因 治療法トップへ





スポンサードリンク